歯の治療に気付かれたくない!

歯にトラブルが起こり、どうしても治療する必要に迫られたとき、学校や仕事場ではできれば気付かれたくないですよね?昔の歯の治療は技術的な問題で、施術は強い痛みを伴い、治療の回数も多く受けなければなりませんでした。また、治療が優先的になって、見栄えを良くすることは、どうしても二の次となっていました。しかし、現代は医療技術の進歩によって、歯の治療でネックになっていたさまざまな問題が、解消されて来ています。

歯の治療にはどんな方法があるの?

歯の治療と聞くと、「痛そう」とか「ドリルで歯を削り出す音がこわい」といったイメージを持っている人もいますよね?今ではドリルの改良が行なわれて、昔ほどの痛みや、ドリルの嫌な振動音は軽減されてきています。また、ドリルによる治療以外にも、さまざまなタイプの治療方法があります。レーザーを虫歯部分に照射する方法や、コンポジットレジンと呼ばれる樹脂による詰め物、インプラント治療など、それぞれの歯の状態や要望に合った、最適な治療方法を見つけることができるでしょう。

歯の治療技術ってここまで進んでいるの!?

子どもの頃、歯医者さんがトラウマになり、大人になっても歯の治療に行くのをためらってしまう人は多くいるようです。しかし、実際に歯医者さんに行ってみると、驚くほど痛みは少なく、(治療方法にもよりますが)施術時間も早くなっていて、簡単に治療が受けられます。また、技術の発達により、歯の見た目をほとんど変えない治療方法も確立されています。特に、レーザー治療は麻酔を必要としないくらい痛みが少なく、口内や歯へのダメージも最小限で済みます。虫歯の治療を我慢するのは体に良くありません。昔のイメージを引きずらないで、気軽に歯の治療に行くことをオススメします。

歯のセラミックはインプラント治療で使われますが、インプラント治療は自由診療のため保険が使えません。そういったことから、歯のセラミックの料金は、歯医者によっても異なるので確認が必要になります。

目立たない歯の治療ってどんなものがあるの?